FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. FX取引のヒント
  3. FX取引の基本
  4. レバレッジとは

FX取引の基本

レバレッジとは

FX取引の基本に戻る

レバレッジとは

小さな力で大きなものを持ち上げることができる

外国為替証拠金取引 (FX) と他の外貨建て金融商品の最も大きな違いは、「レバレッジ」にあります。
レバレッジとは「テコの原理」のことで、「小さな金額でより大きな金額を動かせること」を意味します。

少ない元手で大きな取引が可能に

例えば、レバレッジを2倍かければ2倍の投資効果を、10倍かければ10倍の投資効果を生むことが可能となります。例えば、1万米ドルの取引を、外貨預金とFXを行なった場合で比較してみましょう。為替レートは1ドル=100円とします。外貨預金で1万ドル分の預金を行なう場合、為替レートが1ドル=100円であるならば、必要金額は100万円 (1万ドル×100円) になります (以下、取引手数料は除いています) 。
では、FXで同じく100万円分の証拠金で取引をする場合はどうなるでしょうか。
外貨預金では1万ドルしか取引できませんでしたが、FXでは、レバレッジをかけることによって大きな金額の取引が可能になります。
例えば、「レバレッジ25倍」で取引を考えた場合、取引金額100万円×25 (レバレッジ) =2,500万円の取引、つまり25万ドルの取引ができることになります。逆に、前出の外貨預金と同額1万ドルの取引をするのであれば、投下する金額を4万円にすればいいので、投資金額に対する自由度が高く、資金効率のよい取引といえます。
外貨預金は等価で両替を行なうのに対し、FXではこのレバレッジを利用して、小さな証拠金を担保にして大きな金額の取引を行なうことになります。

【レバレッジ1倍】

【レバレッジ5倍】

【レバレッジ10倍】

レバレッジを高めるほどリターンとリスクは大きくなる

レバレッジを高めるほど取引にかかるリターンは大きくなる可能性がありますが、同時にリスクも大きくなります。
それでは、具体的な数字で比較してみましょう。証拠金100万円で米ドル円をレバレッジ10倍と25倍で取引した場合の取引金額は、レバレッジ10倍で10万ドル、レバレッジ25倍で25万ドルになります。
為替レートが上下に1円変動した場合、取引金額10万ドルでは10万円の損益が発生し、25倍の25万ドルの取引では、25万円の損益が発生します。

【1ドル=100円で売買した場合の為替差損益】

*取引手数料は勘案しておりません。

レバレッジ

1倍

10倍

25倍

取引金額

1万ドル

10万ドル

25万ドル

1ドル=101円になった場合

10,000円

100,000円

250,000円

1ドル=99円になった場合

-10,000円

-100,000円

-250,000円

1円の為替変動における証拠金100万円に対しての損益比率は、レバレッジ10倍で10%、レバレッジ25倍で25%になります。
これがレバレッジ効果と呼ばれるものです。レバレッジを高めるほど取引できる金額が大きくなりますので、証拠金を投資元本とみなした場合の損益率は、上昇していくのです。
セントラル短資FXでは、最大25倍*1のレバレッジでの取引が可能ですので、ハイリスク・ハイリターンではありますが、このレバレッジをコントロールしながら取引を行なうことで、資金効率の高いマネーマネジメントが可能になります。次の項目では、こうした取引の具体例をあげて解説いたします。

  • *1 「FXダイレクトプラス」で取引した場合

レバレッジを考慮したマネーマネジメント (資金管理)

当社が扱う「FXダイレクトプラス」の最大レバレッジは25倍となっており、この範囲でご自身のリスク許容度に応じて、自由にレバレッジを調整することができます。
証拠金100万円でレバレッジ5倍の取引を米ドル円で取引する時の取引金額は、1ドル=100円とした場合、
100万円×5÷100円 (ドル円レート) =5万ドルとなります。

証拠金×レバレッジ÷為替レート=取引金額

では、「FXダイレクトプラス」で最大レバレッジ (25倍) をかけた場合は、どうなるのでしょうか。

「FXダイレクトプラス」で最大レバレッジ (25倍) をかけた場合

投資資金 (証拠金)  10万円
取引通貨 米ドル (1ドル=100円でドル買い)
取引額  2万5千ドル (10万円×25倍=250万円 250万円÷100円=2万5千ドル)

10万円の証拠金を預託して、2万5千ドル (250万円) 相当のドルを買うことになります。
この状態で1ドル=110円まで円安ドル高が進めば、2万5千ドルは円換算すると275万円になります。つまり、取引している1万ドルには25万円の為替差益が発生しています。10万円の証拠金を投資元本と見なせば、投資元本に対して2.5倍の利益が発生したことになります。
逆に1ドル=100円が90円まで円高ドル安が進んだら、2万5千ドルが円換算で225万円になるので、25万円の為替差損が発生し、その時点で預けた証拠金以上の損失が発生することになります。
預けた証拠金以上の損失が発生するリスクは、レバレッジをかけて取引を行なう以上、必ず発生するので十分に注意する必要があります。また、このリスクを回避するために、「セントラル短資FX」では「強制ロスカット」という制度を設けています。これは、一定の水準以上の損失が発生する場合に、取引管理システムによって強制的にロスカットが行なわれるもので、取引要綱に定めるルールに則り、お客さまの保有している建玉のすべてを決済し、注文のすべてをキャンセルする仕組みになっています。

それでは、レバレッジをかけた取引に関するマネーマネジメントについてご紹介いたします。
レバレッジをかけるということは、少ない投資金額で大きな取引金額を運用することができるということです (下図を参照) 。
外貨預金で1万ドル運用しようと考えるのであれば、FXの場合と比較してください。
取引にかかる為替リスクについては、どちらも取引金額が1万ドルなので同じになります。
FXはレバレッジがかけられるので、投資金額をさらに運用することが可能です。
例えば、外貨預金では100万円の資金が必要ですが、FXの場合レバレッジ5倍で取引するとすれば、20万円が証拠金として必要になるので、残り80万円を再投資できます。もちろん、FXの投資金額そのものを大きくすることも可能です。
レバレッジをかけることによって、投資戦略は大きく変わってきます。大切なのは、どのように投資していくかということです。投資はリスクを伴いますが、リスクをとらなければリターンもありません。マネーマネジメントをしっかり行ない、効率の良いFX投資を行なうようにしましょう。

【外貨預金】

【FX取引(レバレッジ5倍)】

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)