FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. FX取引のヒント
  3. FX取引の基本
  4. 外国為替の基礎知識
  5. 「通貨ペア」の種類

外国為替の基礎知識

「通貨ペア」の種類

外国為替の基礎知識に戻る

「通貨ペア」の種類 売買する2国通貨の組合わせには、さまざまな種類があります。それぞれの通貨ペアの特徴をつかみ、取引に活かしましょう。

外国為替取引とは、異なる2国間の通貨交換取引のことで、売買する2国通貨の組合わせのことを通貨ペアといいます。
それぞれの通貨には特徴があります。お取引をされる際には、お客さまの取引スタイルや運用の目的に適した通貨ペアを選択しましょう。

「通貨ペア」の基礎知識

通貨の英字表記

外貨にはいろいろな種類があります。米ドル、豪ドル、ニュージーランド・ドル、英ポンド、ユーロなどです。もちろん、日本国内では日本語表記になっていますが、国際標準としては当然ながら英語表記となります。
日常生活では、知らなくても不便を感じることはありませんが、外貨投資、中でもFXを利用する場合は、英語で通貨ペアを表記しているところもありますので、英語表記は覚えておいたほうがいいでしょう。また為替のブログなどでも、プロといわれている為替ディーラー経験者は、英語表記で文章を書いているケースもありますので、情報収集のためにも覚えておいて損はありません。
また通貨ペアは2国の通貨の組合わせですので、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルと表記します。左側に表記されている通貨は取引通貨といい実際に取引する通貨になります。一方、右側に表記されている通貨は、決済通貨といい、取引の差損益やスワップ損益が発生する通貨になります。

ドルストレートとクロス円

対円で考えた場合、米ドルと円の取引を「ドルストレート」、米ドル以外の通貨との取引を「クロス円」といいます。
ドルストレートは文字どおり、ドルと直接取引することを意味します。円を売って米ドルを買う、あるいは米ドルを売って円を買うという取引です。
これに対してクロス円は、間に米ドルを介在させた取引になります。
例えば英ポンドと円の取引の場合。実は外国為替市場において、英ポンドと円の直接取引は、ほとんど行なわれておらず、きわめて市場の流動性が低いのが現実です。そこで、円を売って英ポンドを買うときには、円売り・米ドル買い、米ドル売り・英ポンド買いという二つの取引を同時に行なうのです。
この二つの取引を合成すると、円売り・英ポンド買いになります。また、二つの取引はいずれもドルストレートになり、市場の流動性も確保されるため、円滑な取引成立につながるのです。

高金利通貨

これまで高金利通貨といえば、豪ドルとニュージーランドドルが双璧でしたが、最近では、新興国通貨が高金利で注目を集めています。その代表が、南アフリカランドやトルコ・リラなどです。
いずれも豪ドルなどに比べて、はるかに金利が高いという特徴があります。
確かに、トルコ・リラ建ての債券などを見ると、3年物で年利15%などと表示されていて、魅力的に映るでしょう。しかし一方で、為替手数料がやや高めであること、市場の流動性が薄く、レートが乱高下する恐れがあること、国の政情不安がマーケットに甚大な悪影響を及ぼす可能性があるといったデメリットもあります。
これらの高金利通貨に投資する場合は、そのメリット・デメリットを理解し、マーケット情報などにも注意しながら運用されることをおすすめします。

円を介さない通貨ペア投資のポイント

ユーロ/米ドル、ユーロ/スイス、米ドル/カナダドルなど、対円以外の通貨ペアも数多くあり、実際にFXで取引できます。
例えばユーロ/米ドルの場合、差損益は右側の通貨である米ドルで発生します。1ユーロ=1.50米ドルが1ユーロ=1.80米ドルになった場合、1ユーロにつき30セントの為替差益が発生していることになり、それが口座に反映されます。
ただ、それを現金化する場合は、30セントを円に替えたうえで出金しなければなりません。その時点の米ドル/円のレートによって、円ベースの差益額も変わってきますので、注意が必要です。

為替レートの動きは「流れ」で見る

外国為替市場は24時間動いています。常に、世界のどこかの国で取引が行なわれています。したがいまして、為替レートの動きを見るときは、為替レートの流れを見る必要があります。
同じ銘柄が流動性を保ちながら取引が行なわれているということは、外国為替市場ならではです。しかも外国為替市場は、ニューヨーク証券取引所や東京証券取引所のような大きな流動性を提供する取引所がありません。その取引の多くがOTC (店頭) 取引で行なわれ、それぞれ特徴をもった世界中の投資家が参加しています。

東京 (日本) 時間:
日本は貿易国です。そのため実需筋の外国為替取引が市場に影響が与えることが多いです。また巨額な貿易黒字国ですので、「ドル売り・円買い」取引が結果的に多くなります。輸出企業の動向によっては、ドル上昇の頭が抑えられたり、ドル下落に拍車がかかります。また、逆に「ドル売り注文」を外すことによってさらに上昇する場合もあります。

ロンドン (英国) ・ニューヨーク (米国) 時間:
この時間帯は実需の取引というよりは、投資取引が多くなる時間帯です。
したがいまして、上下ともに大きく動くことが多くあります。またこの時間、日本の時間帯は夜間になるので日本の個人投資家が取引するチャンスが広がります。東京市場の流れだけを見ても、あまり意味がありません。
このように、前日の東京市場⇒欧州市場⇒ロンドン市場⇒ニューヨーク市場⇒東京市場、という流れを追って、どうして今、円高 (もしくは円安) になっているのかを判断しながら、為替レートの動きをみていきましょう。

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

外国為替の基礎知識

通貨のご説明、外国為替市場の仕組み、為替が変動する理由など、取引するに際して必要となる外国為替の基礎知識をご説明いたします。

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)