FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. FX取引のヒント
  3. テクニカル分析とファンダメンタル分析
  4. テクニカル分析の種類 - 基本編 -

テクニカル分析とファンダメンタル分析

テクニカル分析の種類 - 基本編 -

テクニカル分析の種類は多岐にわたり、それぞれの特徴があります。ただ外国為替取引におけるテクニカル分析には、値動きのトレンド、強さを分析するための「トレンド系」と、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するための「オシレーター系」に大きくわかれます。
また歴史は繰り返されるとの認識から、価格の変動の波を見る「サイクル分析」、チャートのローソク足の動きを追い売買タイミングを図る「パターン分析」などの分析方法もあります。
ただ、どのチャートが最も将来の予測を正確に当てることができると決めることはできませんが、ご自身の投資(取引)スタイルに合ったものを選んで使うのがいいでしょう。 テクニカル分析で大切なことは、まずは自分に合うチャートを見つけること。そしてそれを継続して、自分独自の売買法則を作ることです。

主なテクニカル分析の分類

トレンド系

・移動平均線
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・パラポリック
・ポイント・アンド・フィギア
・ペンタゴンチャート

オシレーター系

・RSI
・ストキャスティクス
・DMI
・MACD
・CCI

総合系

・ヒストリカル
・ボラティリティ
・ボラティリティシステム

その他

・日柄カウンター
・戻し値推定チャート

ページTOPへ

価格の方向性がわかる「トレンド系」

トレンドとは、相場の動く方向のことをいいます。為替相場はほとんどの場合、細かい上下運動を繰り返しながら、一定方向に向かっていく特徴がありますので、この流れをとらえ、それに乗っていくための分析をすることをトレンド分析といいます。
為替相場を予想する上で、重要なニュースや経済指標などを参考にするのも重要ですが、チャートを使ってのトレンド分析を理解すれば、売買のポイントが見えるようになってきます。
トレンド系は、値動きに方向感があるなかで順張りの投資をする際に用います。移動平均線やトレンドライン、新値足、ポイント&フィギュアなどが代表的です。

トレンドライン

上昇トレンドライン

上昇トレンドライン

下降トレンドライン

下降トレンドライン

トレンドラインは、2点以上の下値同士、あるいは上値同士を直線で結ぶことによって、上昇トレンドか下降トレンドかを判断します。右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドになります。
上昇トレンド線を引くにはまず上昇開始時の安値から、次の切り上がった安値を結んで引きます。
また逆に下降トレンド線を引くには下降開始時の高値から、次に下がった高値を結んで引きます。
できあがったトレンド線は抵抗線、支持線の役割をはたしており、上昇トレンド線は上方に傾斜した支持線、下降トレンド線は下方に傾斜した抵抗線と見ることができます。
このことから、上昇トレンドライン近くまで売り込まれたポイントは一般的に買い場となり、また、下降トレンドライン近くまで買い上げられたポイントは一般的に売り場となります。

支持線・抵抗線

抵抗線 (レジスタンス線)

例えば、いくら上昇の続いた相場でも、あるレベルを上抜くことができない場面がよくあります。これは下降局面でもいえることですが、このなかなか抜け切れないレベルで上昇トレンドや下降トレンドが終わってしまうこともあります。
上昇局面で上になかなか抜け切れないレベルを抵抗線(レジスタンス線)、下降局面で下に抜け切れないレベルを支持線(サポート線)といいます。
抵抗線・支持線は過去の値動きで、高値、安値をつけたレベルで作られますが、これには投資家心理から、取引が過去の高値・安値を参考にして売買が繰り返されたりするためです。しかし相場の需給関係により、実際にそのレベルで大きな買いや売り注文が存在することにより抵抗線・支持線が形成されることもあります。
この支持線・抵抗線は、それ以上プライスがなかなか抜けていかないレベルですが、一旦抜けてしまうと、それまでの上昇・下降トレンドの勢いがさらに強まったり、それまでの抵抗線が支持線に、支持線が抵抗線に変化したりします。
上値同士を結んだ「上値抵抗線」を、現在の価格が上に抜ければ、そこからもう一段の上昇が期待でき、下値同士を結んだ「下値支持線」を、現在の価格が下に抜ければ、そこからもう一段の下落余地があると判断できます。
なお、当然のことながら、テクニカル分析が必ず当たるという保証はありません。テクニカルに完全なものはなく、実際の動きが売買シグナルとは逆の動きをする、いわゆる「ダマシ」という現象が生じうることを理解した上で、細心の注意を払いながら使用しましょう。

チャートパターン分析

チャートの動きにはいろいろパターンがあります。過去のいくつかのパターンから相場の法則性を見出したのが、パターン分析といわれるものです。このパターン分析を使ってトレンドを読む方法について、ここでいくつかご紹介いたします。

ダブル・トップ (ボトム)

アルファベットのM、またはWに似たパターン。高値圏では天井、安値圏では底打ちを示唆します。高値圏の場合、ネックラインを下抜けた時点が売りのシグナル。

ヘッド・アンド・ショルダー

頭・肩の形に似たパターン。高値圏では天井、安値圏では底打ちを示唆します。安値圏の場合、ネックラインを上抜けた時点が買いのシグナル。

Vトップ (ボトム)

アルファベットのVに似たパターン。急激な上昇、下落の終焉に現われる。

ペナント

相場の上下動を繰り返し値幅が縮小してできる三角パターン。上下ラインのどちらかに抜け、大きく上昇、または下落する可能性が高い。

ページTOPへ

移動平均線の見方

移動平均線は一定期間の平均値を出しグラフにしたもので、その仕組みの単純さから多くのトレーダーに利用されるテクニカル分析の代表的な手法です。

グラフは短期線、中期線、長期線に分れる

移動平均は一定期間の平均値を出しグラフ化したもので、相場のトレンドを確認する目的で利用します。
平均値を出す期間の長さによって短期線(5日、7日、14日)、中期線(21日、50日)、長期線(90日、180日、200日)にわかれ、為替相場では一般的に7日、21日、90日の移動平均線が使われることが多いようです。

移動平均線の組合わせ(ゴールデンクロスとデッドクロス)

他の移動平均線と組合わせ、線と線とが交わるところをゴールデンクロスやデッドクロスと呼び、トレンドの終わり、または転換のシグナルとして利用します。
例えば、短期移動平均線が中・長期移動平均線を上抜けるとゴールデンクロスとなり、買いシグナルが点灯するとされます。逆に短期移動平均線が中・長期移動平均線を下抜けるとデッドクロスとなり、売りシグナルが点灯するとされます。

平均線そのものがトレンド

ローソク足の抵抗線の上抜け例

短期移動平均線による中期移動平均線の上抜け例

また平均線が上向きの場合は上昇トレンド、下向きの場合は下降トレンドといわれ、平均線そのものがトレンドを表します。
また移動平均線は抵抗線、支持線としての意味合いがあり、短期、中期的なトレンドの方向を探る場合は、21日線が多く使われ、例えば21日移動平均線をレートが下抜けた場合には、売りシグナルが点灯し、逆に、下降21日移動平均線を価格が上抜けた場合には、買いシグナルとされます。

ページTOPへ

その他の投資に役立つ「トレンド系」

トレンド系のテクニカル分析の中には、時間の概念を無視したものもあります。つまり、横軸が分足や週足などの時間軸ではないものです。

新値足

終値が、 (上から) 3段目の肩を下抜いてくれば陰転 転じた後は、終値が前の肩を毎に足していく

終値を用い、上昇相場では以前の高値を上回ったときに、下降相場では以前の安値を下回ったときに初めて行を変え、新しい足を記入していきます。したがって、上昇局面で高値を更新したときは陽線 (白ヌキ) 、下落相場で安値を更新したときは陰線 (黒ヌリ) を記入していきます。
一般的によく使われるのが「新値三本足」で、高値や安値が続いているときは新しい足を次々に引きますが、相場の方向が上昇→下降 下降→上昇と変化したときはすぐに足を書き入れません。転換点を確実にとらえ、売買のタイミングを逃さないために、前の三本の足を抜く変化があったときだけ足を加えます。もっと中・長期的な予測をするには「新値五本足」「新値十本足」があります。
売買シグナルとしては、新たな陽線が出現したとき (陽転) が買い、新たな陰線が出現したとき (陰転) が売りとなります。 また陽転の場合、その前に続いている陰線の本数が多いほど、その後の値上がりが見込まれます。陰転の場合、その前に続いている陽線の本数が多いほど天井を意味します。

ポイントアンドフィギュア

ポイントアンドフィギュアも時間の概念がなく、値動きだけに特化したチャートで、トレンドを追うことに長けています。
ポイントアンドフィギュアの作成方法は、特定の値幅または比率を決め、それを1ポイントとします。価格が決めたポイント幅以上に動いたら、動いたポイント数を記入していきます。
上げ方向に動いた場合は「×」を、下げ方向に動いた場合は「○」を記入します。
×から○、または、○から×への転換は、価格が反対方向に何ポイント動いたかを条件とします。転換ポイント数は、3ポイントが一般的です。それぞれの列には、上昇か下降かの一方向のみの動きを記入します。
ポイントアンドフィギュアの売買シグナルとして代表的なものは、「前回の高値を越えてきたら買い」「前回の安値を抜けたら売り」というのが一般的です。そして、「しるし」が同じところで止まっている列が多ければ多いほど、上や下に抜けるときの大きいことから、この価格を抜けるとトレンド転換点と判断されます。
また、○と×の組合わせで何種類か信頼性の高い売買シグナルパターンがあります。

ページTOPへ

買われ過ぎ・売られ過ぎがわかる「オシレーター系」

相場の方向性を探るための「トレンド系」に対し、現在の価格が買われ過ぎなのか、それとも売られ過ぎなのかを判断するための分析手法として「オシレーター系」と呼ばれるチャートもあります。ストキャスティクスやRSI、MACD、ボリンジャーバンドなどが有名です。
一般的な傾向として、オシレーター系はトレンドが発生しているときよりも、やや揉み合い相場が続いているときのほうが、有効に機能します。それぞれの分析手法を使うときのポイントをまとめておきましょう。

ストキャスティクス

売買シグナルは、%Kが%Dを下から上に抜けた時が買いシグナル、上から下に抜けたときが売りシグナル。かつ、%Kと%Dが80%以上だと買われ過ぎ、20%以下だと売られ過ぎになるので、80%以上で売りシグナルのときに売り、20%以下で買いシグナルのときに買うと、いわゆる「ダマシ」に遭う恐れが少ないと考えられます。

RSI

買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するための指標。70を上回ると買われ過ぎ、30を下回ると売られ過ぎと判断されます。RSIを算出する際の計算日数は9日〜15日が基本で、計算日数が少ないほど、70%を上回る、あるいは30%を下回る頻度が増えていきます。それだけ短期の動きに追随しやすくなりますが、一方で「ダマシ」も多くなるので、判断を間違ったと思ったときにはすぐに損切れる判断の素早さも必要になります。

MACD

MACDとシグナルという2つの移動平均線で売り買いのタイミングを図ります。基本的には、MACDがシグナルを下から上に抜けたゴールデンクロスが買いシグナル、上から下に抜けたデットクロスが売りシグナルとされます。

ボリンジャーバンド

センターラインと、その上下2本のラインによって構成されています。この上下のバンドが縮小しているときは、その上下のいずれかのラインを抜けて大きく動く傾向があり、逆に上下のバンドが拡大しているときは、センターライン近辺まで値段が戻る傾向が見られます。また、 (1) 実際の価格が上のラインに到達したときが売り、下のラインに到達したときが買いのシグナルになるとともに、 (2) 上下のラインを抜けたときには、その抜けた方向に動く力が強くかかります。つまり、上のラインを抜けたときは買い、下のラインを抜けたときは売りになります。上下バンドの縮小・拡大と併せて考えると、バンドが拡大している局面では、 (1) の判断に基づいて売り買いする、縮小しているときは (2) の判断に基づいて売り買いをすると、「ダマシ」が少なくて済むと考えられています。

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)