FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. FX取引のヒント
  3. テクニカル分析とファンダメンタル分析
  4. チャートの種類

テクニカル分析とファンダメンタル分析

チャートの種類

バーチャートやローソク足、折れ線足など、各種チャートについてご説明いたします。

バーチャートの見方

バーチャートの見方

バーチャートとは、相場の日々の値動きの高値、安値、始値、終値を示し、価格の推移を表すグラフで、一定の期間の高値と安値を縦線で結んだもの (棒足) です。バーチャート(始値)とは、バーチャートに、始値を左側の横線で表示しているものです。

ページTOPへ

ローソク足の見方

ローソク足の見方

ローソク足チャートは、日本において江戸時代に生み出されたもので、ローソクに似た形から「ローソク足」と呼ばれています。日本においてメジャーなチャート分析ですが、海外での普及率も高く、「キャンドル・チャート」と呼ばれています。

(1) ローソク表示によりその期間の価格の変動具合は簡単にわかる

1本のローソクには、一定期間における4つのレート(価格) が含まれています(図1)。その期間(5分、1時間、1日など)の最初のレートの「始値」、該当する期間中の最も高いレートの「高値」、最も低いレートの「安値」、最後のレート「終値」の4つの値です。

この4つの値を一般的の4本値といいます。

(2) ローソク足はレートの期間の取り方で呼び方が変わる

ローソク足はレートの期間の取り方で呼び方が変わり、例えば、1日の動きを表すものは「日足」ローソク、1週間に動きを表すものは「週足」ローソク、1ヵ月を表すものは「月足」ローソクと呼ばれます。

(3) ローソク足は「実体」と「ひげ」の2つでできている

「実体」とは、始値と終値にはさまれた長方形の部分を指します。始値より終値が高い場合、「実体」の内部は白抜きで表示します。これを「陽線」と呼びます。反対に、始値より終値が低い場合は黒塗りで表示し、「陰線」と呼んでいます。 また高値や安値が「実体」から外れた上下に伸びた直線を「ひげ」といいます。さらに、上に突き出す線を「上ひげ」、下に突き出す線を「下ひげ」と呼んでいます。

「実体」の縦幅が長いほど、始値と終値の値幅が大きかったことを意味します。また陽線ならばその日の始値より終値が高かったことを示し、陰線ならばその日の始値より終値が低かったことを示します。

(4) ローソクの見方

ローソク足の一例として、上昇相場においてローソクが長い上ひげを持ち、それが連日、続く場合は、相場が天井を形成しトレンドが転換してしまう可能性が高いといわれています。また2本のローソクの間隔が開いてしまっている状態は、一般に「窓が開いた」状態といわれ、後ろのローソクが上に開いている場合は上昇圧力が強く、下に開いている場合下降圧力が強くなっているといわれます。

ページTOPへ

折れ線足の見方

折れ線足は、表示時間軸の終値を折れ線で結んだものです。
相場の大きな流れを見る場合に、利用します。

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)