FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. FXダイレクトプラス
  3. 取引・情報ツール一覧
  4. PCインストール型取引
  5. サンプル売買ロジックをカスタマイズし、オリジナルを完成させよう

PCインストール型取引

サンプル売買ロジックをカスタマイズし、オリジナルを完成させよう

クイックチャート・トレードプラスに戻る

サンプル売買ロジックをカスタマイズし、オリジナルを完成させよう

それでは、デフォルトのストラテジ(売買ロジック)を使って、実際にオリジナルのストラテジ(売買ロジック)を作ってみましょう。ストラテジ(売買ロジック)をイチから作り出すのは大変なので、最初は初期導入されているストラテジ(売買ロジック)を利用して次のようなカスタマイズに挑戦してみましょう。

初期導入されているストラテジのテクニカル指標のパラメータを変える
移動平均線を短期「5日→13日」、中期「25→26日」に変更する。
デフォルトのストラテジに別のテクニカル指標を追加する
MACD(短期7日、長期14日)を新たにエントリの条件に加える。

まずは、カスタマイズするストラテジの準備です。「シグナル/ストラテジ コントロールパネル」(図2-1)を開いて、「yy:MA+MACD+RSI・買い」のストラテジをマウスでクリックして選択状態にします。その状態でウィンドウのメニューバーにある「編集」ボタンを押して、「コピー」を選択して下さい。すると「GC0525 – コピー」という名前の新しいストラテジが追加されます。

【図2-3「yy:MA+MACD+RSI・買い」のストラテジをコピーする】

【図2-3「yy:MA+MACD+RSI・買い」のストラテジをコピーする】

新しく出来た「yy:MA+MACD+RSI・買い – コピー」は、中身が「yy:MA+MACD+RSI・買い」と全く同じものですので、万が一カスタマイズを誤って正常に動作しなくなっても、いったん削除して、再び「yy:MA+MACD+RSI・買い」をコピーすれば、また最初から作業ができます。オリジナルの「yy:MA+MACD+RSI・買い」は残しておいて、コピーのストラテジをカスタマイズするようにしましょう。

それでは「yy:MA+MACD+RSI・買い – コピー」を開いて、実際にカスタマイズしてみましょう。「yy:MA+MACD+RSI・買い – コピー」をダブルクリックすると、図2-4の「ストラテジエディタ」画面が表示されます。

【図2-4「yy:MA+MACD+RSI・買い – コピー」の「ストラテジエディタ」ウィンドウ】

【図2-4「yy:MA+MACD+RSI・買い – コピー」の「ストラテジエディタ」ウィンドウ】

ウィンドウには5つのタブがあります。それぞれのタブの役割は以下の通りです。

「テスト実行」タブ
自動売買検証を行う際の設定をする。
「エントリ条件」タブ
新規に建玉を立てる条件を設定する。
「利益確定条件」タブ
利益確定の決済取引を行う条件を設定する。
「ロスカット条件」タブ
ロスカット(損切り)の決済取引を行う条件を設定する。

まずは「全般」タブでストラテジの名称を変更しましょう。(図2-4)では、今回行うカスタマイズにちなんで、ストラテジ名を「GC1326_MACD」としました。

次に、ウィンドウ下段にある項目でストラテジの運用条件を確認しておきましょう。

対象通貨ペア
このストラテジが取引対象とする通貨ペアを設定します。右端の「選択…」ボタンを押すと、通貨ペアの選択ウィンドウが表示されます。追加できるのは最大5通貨ペアとなっています。
手法
「ロング」か「ショート」を選びます。今回は買いを入れるストラテジなので「ロング」のままでOKです。
テキスト色、背景色
チャート上にストラテジの売買ポイントを表示する際の色分けです。基本的には初期値でOKですが、好みに応じて変更して下さい。
評価に使用するレート
為替のレートには買値(Ask)と売値(Bid)の2種類があるので、ロングのストラテジであれば「Ask」を使いたいところですが、決済の時は売りの注文となるので「Ask」では都合がよくありません。したがって、ここでは「Ask」「Bid」ではなく「中値」を使って検証を行います。
メモ
ストラテジに関するメモを書き入れるスペースです。ストラテジの動作には関係していませんので空欄でもかまいません。

「全般」タブでの設定が完了したら、いよいよストラテジのエンジン部分となる取引条件(エントリ、利益確定、ロスカット)をカスタマイズしていきます。

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)