FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. FXダイレクトプラス
  3. 取引方法・操作ガイド
  4. 注文の種類と方法
  5. OCO (オーシーオー) 注文

取引方法・操作ガイド

OCO (オーシーオー) 注文

注文についてに戻る

OCO注文とは

2つの注文を同時に発注し、一方が約定したら、他方が自動的にキャンセルされる注文です。通常は指値注文と逆指値注文を同時に発注します。
OCO注文を決済注文として利用する場合、逆指値の決済注文A(OCO2)にトレール注文を利用すれば、トレンドにあわせ損失を最小限にしつつ、さらに利益の確保を狙うことが可能になります。

ケーススタディ

先日、Aさんはドル円を100円で買いました。現在のドル円は102円で、未実現利益が出ていますが、まだドルは高くなりそうなので、反対売買による決済をしたくありません。
そこでAさんは、103円になるまで待つことにし、103円の売り指値注文@を出しました。
ただし、同時にドルが現在の102円よりも安くなっても利益が出るように、101円での売り逆指値注文Aも出しました。

  • ※このケースでは、@が先に約定すれば、Aが自動的にキャンセルされ、逆にAが先に約定すれば、@がキャンセルされます。こうした局面での効果的な注文方法が、レンジブレイクアウトを予想したOCO注文なのです。
!
  • ※逆指値注文は、お客さまが指定したレートでの約定を保証するものではありません。通常のマーケットにおいては、逆指値注文は損失確定などの効果があるものと考えられますが、マーケットの急変動時には、売り手が多い下げ相場に売りを、買い手が多い買い相場に買いを約定させるもので、たいへん成立しづらい注文となります。結果、逆指値注文はお客さまが指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)があり、意図していない損失を被ることがありますのでご注意ください。

各注文のケーススタディと手順

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)