<選べるシストレ>セントラルミラートレーダー|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. セントラルミラートレーダー
  3. はじめてのお客様へ
  4. ストラテジとはなにか?第一回:自動売買のストラテジとはなにか?

ストラテジとはなにか?

第一回:自動売買のストラテジとはなにか?

自動売買のストラテジとは、そのときどきの相場状況を踏まえて売り・買いの指示を出す売買プログラムのことで、あらかじめ決められた「売買のルール」に則って繰り返し売買を行ないます。セントラルミラートレーダーに搭載されているストラテジには多くの要素を取り込んだ「売買のルール」でできているものが多いですが、簡単な「売買のルール」を使ってストラテジとは何かを見てみましょう。

図1は、相場が円安に向かっているときのドル円1時間足のチャートで、代表的なテクニカル指標の一つである移動平均線を2つ表示しています。移動平均線とは、一定期間の終値を単純平均した線で、主にレート動向のトレンドを把握するのに利用されます。チャート上の黄色い実線は「移動平均(9本)」で、1時間足の9時間分の終値を平均した短期移動平均線です。同様にピンクの点線は「移動平均(21本)」で、1時間足の21時間分の終値を平均した長期移動平均線です。2つの移動平均線が交差する点をみると、短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けしたり、上抜けしたりしているのが分かります。

図1: ドル円 1時間足 移動平均(9本)/(21本)

移動平均線を使用した基本的なテクニカル分析では、図2のように、短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けすることをゴールデンクロスといい「買いシグナル」といわれる一方、短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けすることをデッドクロスといい「売りシグナル」といわれています。例えば、ゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売りを行うことをストラテジの「売買のルール」とすることができます。ここでは、「売買のルール①」とします。

図2: 売買のルール① - ゴールデンクロスとデッドクロス

図1で示したチャート上において、「売買のルール①」で売買を行った結果が図3です。緑で示した「売」は、安く買って高く売った取引、つまり、利益が出た決済取引であることを示します。図3をみると、トレンドが出ている相場のなかでこの売買のルールがうまくワークしていることが見えます。

図3: 「売買のルール①」に則って売買した場合 ※売買のタイミングは、ゴールデンクロス、デッドクロスが出現した次のローソク足としています。

このように、ストラテジとはあらかじめ決められた「売買のルール」に従って繰り返し売買を行なうようにしたプログラムです。セントラルミラートレーダーに搭載されているストラテジはこの例よりも多くの要素を取り込んで作られていて、様々なテクニカル指標を組み合わせた「売買のルール」により売買のタイミングを判断しています。

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)