福岡会場セミナー 米国経済と基軸通貨ドルの行方

セナミー概要

日 時 2008年3月1日(土)   13:00〜16:30(受付開始12:00〜)
主 催 セントラル短資FX(株)

>> 会社案内
会場・受付
福岡国際会議場 4階
福岡市博多区石城町2-1
福岡国際会議場
>> 会場の詳細はこちら
アクセス 【バスでお越しの場合】
博多駅方面より「中央ふ頭」行にご乗車の場合、「国際会議場・サンパレス前」下車
博多駅方面より「博多ふ頭」行にご乗車の場合、「国際センター・サンパレス前」下車
天神方面より「中央ふ頭」行にご乗車の場合、「国際会議場・サンパレス前」下車

【お車でお越しの場合】
唐津・福重方面からは、福岡都市高速1号線「東浜ランプ」より約5分
福岡I.C・太宰府方面からは、福岡都市高速1号線「築港ランプ」より約3分

>> アクセスの詳細はこちら
募集人数 100名 (事前申込制・定員になり次第締切)
参加費 無料
プログラム
【ご挨拶】13:00-13:15
ご挨拶:松本一榮 (セントラル短資FX 代表取締役)
【第1部】13:15〜14:15
『過去のドル円大相場における状況とキーワード』
講師:永倉 弘昭  (セントラル短資FX取締役 市場営業担当)
自身のトレーディング経験をもとに、LTCMの破綻など、過去の大相場において現場はどのような状況にあったか、その時々のキーワードを解説しながら為替マーケットを検証します。

・79.80円まで下落したドル円とその後の日銀介入(1995)
・米大手ヘッジファンドLTCMの破綻(1997)
・911同時多発テロ(2001)
・サブプライム問題でのドル全面安(2007)
【第2部】14:30〜16:00
『米国経済と基軸通貨"ドル"の行方』
講師:ジョセフ・クラフト氏  (ドレスナー・クラインオート証券東京副支店長)
2007年に端を発した「サブプライムショック」米国経済の衰退と叫ばれる中で、今後、世界各国に与える影響や為替マーケットの方向性について講演させて頂きます。
【質疑応答】16:00-16:30
お問合せ先 セミナーに関するご質問は下記までお願いいたします。
※申し込みはお電話、メールではお受けできませんのご注意ください。

メディア営業部 セミナー係
フリーダイヤル 0120-98-8356 / メール info@central-tanshifx.com
(平日8:00-20:00)

セミナーお申し込み(無料)


セミナーのお申し込みはネットのみで承っております。お電話、メールではお受けできませんのでご了承ください。
応募者の方へは2月23日の消印にて「受付票」を郵送させて頂きます。当日は受付票を持ってお越しください。

講師陣略歴

ジョセフ・クラフト氏
ジョセフ・クラフト氏 ドレスナー・クラインオート証券東京副支店長
2007年4月よりドレスナー・クラインオート証券東京支店にてキャピタル・マーケッツ本部長として活躍。ドレスナー・クラインオート証券入社前は、モルガン・スタンレーにてコーポレート・デリバティブ・セールスのヘッド、アジア・太平洋地域における為替営業・トレーディングの共同ヘッドなどの管理職を歴任。モルガン・スタンレーでは、1986年にニューヨーク本店入社以来22年近く在籍し、2000年以降はマネージングディレクターを務める。ジョセフ氏はカリフォルニア大学バークレイ校を1986年に卒業。日本生まれ、米国育ちで日本語に堪能。
永倉弘明
永倉弘昭 セントラル短資FX 取締役市場営業担当
セントラル短資FX株式会社、取締役市場営業担当。山根短資株式会社外国部(現セントラル短資)での、外為取引ブローカーを経て大手FCMトレーディング部門で活躍。米国の投資顧問(CTA)ライセンスを持つ。
シカゴ市場(IMM)での取引経験からの分析に定評がある。

注意事項

セミナー開始5分前の着席にご協力ください。
駐車場のご利用に関して割引制度はございません。お車で来場される方はお客様負担にて駐車料金をお支払いください。
定員になり次第締め切らせて頂きます。
当社のセミナーは、外国為替証拠金取引の商品説明を行ないながら、外国為替証拠金取引を知っていただきたいとの主旨で開催しております。セミナーの性格上、口座開設をお勧めする場合もあります。

会社情報

主催 セントラル短資FX株式会社

セントラル短資FXは、インターバンク市場(銀行間市場)で資金決済取引、国債、社債、株式インデックス、外国為替など、国内外のあらゆる金融取引仲介業を行なうセントラル短資グループの一員です。
>> セントラル短資FXトップへ

動画で会社案内情報
セントラル短資FX株式会社
第一種 金融商品取引業
関東財務局長(金商)第278号
加入協会等: 金融先物取引業協会(会員番号1504)

<注意事項及びリスク開示>
外国為替証拠金取引は、証拠金を預託することにより少額の資金で大きな金額のお取引を行なうことが可能ですが、外国為替相場や金利の変動により預託した証拠金を上回る損失となる可能性があります。また、取引証拠金の料率は、想定元本の1〜100%となります。取引レート及びスワップ金利には売値と買値の提示価格に差(スプレッド)が生じます。当社の取引手数料は無料です。受渡手数料は1万通貨あたり500円、両替(CMD)には当社指定の仲値*より、最大1.25円の手数料が含まれます。顧客報告書発行手数料は無料(郵送の場合は最大2,625円/1回)です。お取引に際しましては契約締結前に交付いたします「外国為替証拠金取引説明書」等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。
*銀行の仲値を参考にして決定します。
Copyright (c) Central Tanshi FX Co.,Ltd. All Rights Reserved.