想像してみてください。チャンスは時間の中にある。システム最先端化計画 第1弾 「時間指定」成行注文を追加しました。 今まで描くことができなかったトレード戦略。時間で注文するという新しい考え方。「時間指定」成行注文は、お客様の思いのまま24時間1分単位で発動します。
取引のチャンス1 スワップ派Aさんの取引例取引のチャンス2 戦略派Bさんの取引例取引のチャンス3 デイトレ派Cさんの取引例
セントラル短資FXでは、2008年9月1日(月)午前7:00より「時間指定」成行注文の取扱いを開始したします。当ページでは、「時間指定」成行注文の機能や、お客様のトレード戦略に沿った利用方法などをご紹介いたします。
「時間指定」成行注文とは
従来の指値注文などは、"為替レート"が注文の執行条件になるのに対し、「時間指定」成行注文は"時間"が注文の執行条件となります。指定した時間に買う。指定した時間に売る。「時間指定」成行注文の登場で、これまで描くことができなかったトレード戦略を実現できることになり、これまで以上に取引における利便性が高まります。

「時間指定」成行注文の特長 取引したい"時間"を指定する新注文 1分単位で指定できる注文執行時間 IFD注文として発注が可能
「時間指定」成行注文を決済注文を使った取引の例
「時間指定」成行注文を新規注文として使う

土曜のうちに、月曜オープニング後の午前7:00発動される「時間指定」成行注文を発注しました。 取引例
スワップ派Aさんの取引例

IFD注文として発注が可能

Ifdone注文の《注文1》で午前6:20に発動される「時間指定」成行注文で、ドル円を10万ドル買いました。同時に《注文2》で買値から10pips以上で約定する「売り指値注文」を発注しました。 取引例
戦略派Bさんの取引例

「時間指定」成行注文を決済注文として使う

現在ドル円を105円で10万ドル買っています。午前5:50(ニューヨーククローズ前)に発動される「時間指定」成行注文で成行決済しました。 取引例
デイトレ派Cさんの取引例


セントラル短資FXのトップへ
Copyright (c) Central Tanshi FX Co.,Ltd. All Rights Reserved.