取引のチャンス1 トレンド派Aさんの取引例取引のチャンス2 デイトレ派Bさんの取引例取引のチャンス3 戦略派Cさんの取引例
取引のチャンス1  IFO注文を、IFD注文とOCO注文の複合型注文として使った代表的な取引例
"トレンド派"主婦のAさんの取引スタイルは順張りが基本。 スワップ派主婦Aさん
ドル円の日足チャートを見ると110.50付近にレジスタンスが発生している。111円を上抜けたら、本格的に上昇トレンドが発生するかもしれない。111円を上抜けたら新規で買ってみようとAさんは考えた。
午前7時   Aさんの判断 111.20で執行される買い逆指値注文《注文1》を発注しました。同時に112.00で執行される利益確定の売り指値注文《注文2》及び、110.50でロスカットの売り逆指値注文《注文2》を発注しました。

IFO注文を、IFD注文とOCO注文の複合型注文として使う

取引画面

【注意事項】 当該取引ルールは取扱い開始まで、変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
【逆指値における注意事項】
当社の逆指値注文は、その約定においてインターバンク市場のロスカットスタイルを採用しております。
逆指値の買い(売り)の場合、ビッド(オファー)が設定レートに一致したとき、そのときのオファー(ビッド)を約定レートとするようになっております。ご設定いただいた為替レートおよびpipは、あくまで逆指値注文の発動レートとなりますので、実際の約定レートはその時点のスプレッド分離れたレートで約定することとなります。


IFO注文 トップ | トレンド派Aさんの取引例 | デイトレ派Bさんの取引例 | 戦略派Cさんの取引例

Copyrights (c) 2009 Central Tanshi FX Co.,Ltd. All Rights Reserved.